カードローンとキャッシング。

カードローンとキャッシングの違いを調べている人が多いですが、根本的には同じです。
カードローンとは、端的に言えば無担保で金融機関が融資をすることと定義していいだろう。
つまり物権や債権の代わりに、個人の信用力を審査して資金を貸し出すのである。当然、住所不定であったり身分を証明する物がなれば対象からは除外されるが、不法入国であったり無国籍者といった特殊な場合を除けば、カードローンは組むことができる。

最近では高利は違法との判例や法律の改正により、金利も低下傾向が続いている。

カードローンは、短期的にまとまった一定の資金を急に要することになった場合に都合がいい。
カード会社(金融機関)にもよるが、クジットや預金口座からの貸し出しより、カードローンの契約を別に結び資金を借り出すほうが金利が低い場合もある。
貸主が温情や資金需要を忖度してくれているわけではない。
長期金利のリスクを考えれば、借りる側だけでなく貸す側にとっても、短期で回収できるローンは魅力的であるからだ。
畢竟、ローンの審査は緩和する方向にあるといっていいだろう。

まずカードローンを選ぶにはまず利率を頭に入れておかなくてはいけません。
利率により返済時の金額が大幅に変動するからです。ローン会社によって利率が異なります。
次に、カードローン会社も沢山ありその中から自分の用途にあったところを探さなければいけません。

そして、どのぐらいの金額をどのぐらいの期間で返済するのかが重要になってきます。

無計画なままで借り入れをするのではなく計画をきちんとたてて借りるのが一番大切な事です。
そしてすべての準備が整ったら申し込みをしましょう。

今度は借り入れた金額、返済期間などをきちんと把握しておくことが大事です。
そして毎回必ず指定日には返済をし最後の返済まできちんと責任を持ちましょう。

あとは気になるキーワードとしては総量規制。
主婦のキャッシング常連さんはこの規制で借りれないケースが増えています。

総量規制は貸金業法の改正により個人のカードローン借入総額が年収の1/3に制限される仕組みのことです。

過剰貸付の抑制や闇金融に対する取り締まりの強化、グレーゾーン金利の廃止を目的としていますが、総量規制の対象は個人向けの貸付契約で事業資金借入れについては対象外となっています。
カードローンの新規申込みがあった場合、貸金業者は顧客の同意を得た上で指定信用情報機関が所持する個人情報を照会し、他業者からの借入の有無と残高を調査しなければいけません。

また50万円以上の借入や他業者からの借入を含めた総額が100万円を超える場合は、所得証明や源泉徴収票等の収入証明書提出を顧客に義務付けています。

但し突発的な医療費やつなぎ資金等は返済能力があれば例外とされ、高額療養費や不動産購入は規制対象外として除外されます。
また収入のない学生や専業主婦については親や配偶者の所得証明があれば貸付を認める特例もあります。


"